アンチエイジングで必要なオススメアイテム

美容

ニキビを治す洗顔料と洗い方

ニキビを防ぐためには洗顔が重要です。しかし、間違った洗顔方法では反ってニキビを悪化させます。ニキビを治す洗顔方法とはどのようなものでしょうか。
弱酸性の洗顔料は肌に優しいイメージがありませんか。たしかに、肌は弱酸性なので敏感肌や乾燥肌の方にとってはよいです。しかし、ニキビ肌にとって弱酸性の洗顔料はよいとはいえません。
皮脂やメイク汚れは酸性です。酸性の汚れを落とすにはアルカリ性が必要です。弱酸性の洗顔料で洗うと、皮脂やメイク汚れをしっかり落とすことができず、毛穴に汚れが残ります。残った汚れが原因で炎症や毛穴つまりを起こしニキビを悪化させます。
ニキビよいのはアルカリ洗顔です。酸性の皮脂とメイク汚れをしっかり落としてくれます。
アルカリ洗顔をすると一時的に肌がアルカリ性になりますが、時間が経てば弱酸性に戻ります。また、化粧水の多くは酸性なので、化粧水をつけることでも弱酸性に戻すことができます。
洗顔料選びの他に大切なのは洗い方です。ゴシゴシこすって洗うと肌を傷つけてバリア機能が低下します。アクネ菌に対抗する力が低下してニキビができやすくなります。
洗顔料はよく泡立てて、泡をクッションにして洗います。こすらないように丁寧に洗うことでバリア機能を守ることができます。
丁寧な洗顔を続けていれば肌が変わり、ニキビができにくく治りやすくなります。